中野東小学校

太平洋を望む高台に位置し,緑豊かな自然の中にある静かな学校です。

〒311-2221
茨城県鹿嶋市大字荒野1221番地
TEL 0299-69-0108
FAX 0299-90-4123

 

訪問者数

2020年より

image_print

鮮やかな緑がでています

本校のビオトープは,環境委員の児童が観察をしています。

観察内容としては,水質や植物・生物の様子です。

児童が撮影してくれた写真の中に,鮮やかな緑が出てきたヨシがありました。

先月より丈が伸びました。これからもいろいろな発見をしてくださいね。

久しぶりの晴れ模様のビオトープは

今日のビオトープは,最近のなかでも1番よい水質でした。

フナやメダカが気持ちよく泳ぎ,ヨシがよく根付いてきました。

これから梅雨に入るとまた別の様子が見られるかもしれません。

ビオトープに新しい仲間が来ました

大規模修繕を行い,水の濁りが落ち着くまで途絶えていたビオトープ通信ですが,水の様子が落ち着いてきました。

そして,この度新たな仲間が加わりました。その仲間は「フナ」です。

フナは子供たちに見守られながら,元気にビオトープの中に入っていきました。

入って早々,みんな中央に泳いで行ってしまいましたがこれからも成長が楽しみですね。

いつもよりも水が澄んで

今日のビオトープはいつもよりも水が澄んでいて,底にある植物までよく見えました。

中ではメダカやオタマジャクシが気持ちよさそうに泳いでいました。水の中の生き物たちも天気がよいことを喜んでいるようでした。

音の正体は・・・。

久しぶりに天気が良かったので,ビオトープを観に行くと,中から「ちゃぽん,ちゃぽん」と音がしました。

正体を探しましたが,近づくと音は止んでしまいました。目を凝らすと魚の影が見えましたがメダカよりは大きいような気がしました。

一体,音の正体は何でしょう。観に行って分かった人は,ぜひ先生に教えてくださいね。

ビオトープの中の緑が増えてきました

昨年度,ビオトープ内の植物が生い茂ったときに手入れを行いました。その際,「少し減らしすぎてしまったかな」と思いましたが,今年も元気に育っています。たくさんの緑の中に,ひっそりとコウホネの花が黄色く輝いているので,見に来てくださいね。

 

 

あれだけたくさんいたけれど

 

ビオトープの中にいたたくさんのオタマジャクシがカエルになり,ビオトープから旅立ちました。もし,学校周辺でカエルを見かけたら,それは,ビオトープにいたカエルかもしれません。温かく見守ってくださいね。

大雨にさらされても

月曜日の大雨で,ビオトープの氾濫が懸念されたので様子を見に行ってみました。 前回紹介したオタマジャクシはとても元気に過ごしていて,大きな被害はないようでした。 また,先週よりも少し大きくなった気がします。今後も様子をお知らせします。お楽しみに。

カエルの卵がいよいよ

以前にお知らせしたカエルの卵ですが,遂にオタマジャクシになりました。たくさんの卵が無事にオタマジャクシになったので,ビオトープの池の中はオタマジャクシでいっぱいです。これから少しずつ成長し,カエルになっていくのを見守っていきたいと思います。

 

 

カエルの卵がたくさん...!

あと2日もするといよいよ4月になります。今日は子供達がいない間のビオトープの変化のお話です。 先日,久しぶりにビオトープに行ったときのこと,「何だかビオトープの中の様子がおかしい。」と違和感を感じ池の中を覗いて見るとそこには「たくさん」のカエルの卵がありました。毎年,この時期になると見られる光景ですが,例年に比べて随分多いような気がしました。それだけ,多くのカエルがビオトープに帰ってきているということでしょうか。卵の数には驚きましたが,なんだか喜びも感じることができました