最近のコメント

    カウンター

    • 現在の訪問者数:_
    • 今日の訪問者数:_
    • すべての訪問数:_

    【1年生】はじめての給食(2024.4.15)

    今日は1年生にとってはじめての給食でした 。給食当番を中心に配膳や後片付けも自分たちで行いました。
    おいしい給食を食べて、昼休み、元気いっぱい外遊びをしました。5時間目の授業もがんばりました。
    
    

    【3年生】初めての書道(2024.4.12)

    3年生になり、書写の時間では毛筆を使って学習をします。今日は第1回目の書写の時間でした。文鎮や硯などの用具の名前や、準備の仕方を知りました。
    実際に硯に水を入れて、墨をすり、その後、太筆で実際に書いてみました。初めての毛筆に興味津々でした。
    
    
    
    

     

    【1年生】すきなものいっぱい(2024.4.12)

    今日の図画工作の時間は、クレヨンを使って、「すきなもの」を描きました。オレンジジュースや自動車、動物、花など、それぞれが好きなものを
    紙いっぱいに、大きく、上手に描くことができました。
    

    元気いっぱい中西っ子!(2024.4.11)

    昨日、今日と、暖かく春らしい日が続いています。業間休みには、子供たちが元気いっぱい外遊びをしています。
    今日は、1年生が上級生と一緒にボール遊びをしたり、遊具で遊んだりしていました。グラウンドに笑顔あふれる休み時間でした。
    
    

    授業開始(2024.4.10)

    今日から本格的に授業が開始されました。今年度は、音楽や体育、理科等、他学年の先生が担当する教科があります。
    (1年生は担任の先生がすべての授業を担当します。)
    新しい先生との出会いに、子供たちは生き生きと授業に参加していました。
    

     

    活躍する高学年(2024.4.9)

    令和6年度がスタートして2日目です。今日は4、5、6年生が入学式後の片付けをしてくれました。短時間であっという間に、元の体育館になりました。
    3時間目は、登校班会議を行いました。各班の班長が1年生を迎えに行き、会議の場所まで連れていってくれました。会議では、集合時刻や場所などを
    メモして1年生の連絡帳に貼ってくれました。高学年児童の下学年を思いやる姿や、頼もしい姿が見られました。
    
    
    

    新年度のスタート!(2024.4.8)

    今日から新年度が始まりました。学校の桜も開花し始め、春の訪れを感じます。
    令和6年度着任式で3名の先生方をお迎えしました。その後、始業式・入学式を挙行し、中野西小学校の新年度がスタートしました。
    始業式では、子供たちの話を聞く態度や元気な挨拶から、進級した意気込みと、新たな気持ちで頑張ろう!という前向きな気持ちが伝わってきました。
    子供たち一人一人が笑顔で、何事にも前向きに挑戦し、活躍する姿を見るのが楽しみです。
    

    新年度の準備(2024.4.5)

    いよいよ、来週から令和6年度がスタートします。

    中野西小学校は準備万端です!

    みなさんが元気に登校してくるのを楽しみに待っています。

     

     

     

     

     

     

     

    令和5年度修了式(2024.3.22)

    今日は令和5年度最後の日でした。修了式では、各学年の代表児童が校長先生から修了証を受け取りました。5年生の代表児童から「1年を振り返って」の
    発表がありました。 4月6日にスタートした学校生活でしたが、子供たちは個個としても学級集団としても、大きく成長しました。
    修了式後は、それぞれの頑張ったことや出来るようになったこと等を通信票とともに担任の先生から伝えられました。「今年1年頑張ったこと」と「新学年に
    なって頑張りたいこと」を発表している学級もありました。
    明日からの春休みには、今年度、頑張った自分を振り返るとともに、新しい学年に向けてさらに頑張りたいことを自分で考えてみてほしいと思います。
    4月8日(月)に、また元気な皆さんの笑顔にあえることを楽しみにしています。
    

    第77回卒業証書授与式(2024.3.21)

    本日、第77回卒業証書授与式を執り行いました。中学校の制服に身を包んだ14名の卒業生は、大人びて見えました。卒業生の返事、呼びかけ、歌と実に
    素晴らしかったです。これまで学校のため、下学年のために一生懸命に取り組んできた6年生の思いは、5年生を中心に引き継いでくれるでしょう。
    卒業生のみなさんが充実した中学校生活を送れるよう、職員一同心から応援しています。